• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ

学会研究発表・マスコミ登場リスト

気体エレクトロニクス研究室の学生の研究活動に、ご期待ください。

2014年度

著書

百目鬼英雄、岩尾徹、瀬戸謙修、江原由泰,新版 わかる電気回路演習,日新出版 (ISBN978-4-8173-0240-3)

国際会議

発表日: 2014/6/10
学会名: 電気学会 放電・静止器・開閉保護合同研究会 英語セッション
発表場所: 金沢大学
発表者: 鈴木 大智 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目:Time Variation of Heat Transfer to Anode in Argon Pulsed Arc Mixed with Oxygen
発表種別: 口頭発表(英語)
<文献引用形式>
Daichi Suzuki, Yasunori Goto, Shinji Yamamoto, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Time Variation of Heat Transfer to Anode in Argon Pulsed Arc Mixed with Oxygen, 電気学会研究会資料, ED-14-069SA-14-056, SP-14-025,pp.●-● (2014)

発表日: 2014/6/10
学会名: 電気学会 放電・静止器・開閉保護合同研究会 英語セッション
発表場所: 金沢大学
発表者:山本 真司 君 (気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目:Number of Vacuum Arc Cathode Spot Affected by Pressure
発表種別: 口頭発表(英語)
<文献引用形式>
Shinji Yamamoto,Keita Ogura,Toru Iwao,Motoshige Yumoto, Number of Vacuum Arc Cathode Spot Affected by Pressure, 電気学会研究会資料, ED-14-070, SA-14-057, SP-14-026,pp.●-● (2014)

発表日: 2014/5/28
学会名: IEEE ICOPS
発表場所: Marriott Hotel, Washington D.C.
発表者: 岩尾 徹 准教授
論文題目: Control of Spectrum for Improvement of Color Rendering Affected by Metal Vapor Mixed with Wall-stabilized Argon Arc
発表種別: 口頭発表(英語)
<文献引用形式>
Toru. Iwao, Eriko Mitsuyasu, Shinji Yamamoto, Motoshige Yumoto, Control of Spectrum for Improvement of Color Rendering Affected by Metal Vapor Mixed with Wall-stabilized Argon Arc, 5C-4 (2014).

発表日: 2014/5/28
学会名: IEEE ICOPS
発表場所: Marriott Hotel, Washington D.C.
発表者: 山本 真司 君 (気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目: Penetration Depth in Welding Pool Affected by Current Increment Ratio in Pulsed Arc
発表種別: 口頭発表(英語)
<文献引用形式>
Shinji Yamamoto, Taira Momii, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Penetration Depth in Welding Pool Affected by Current Increment Ratio in Pulsed Arc, 5C-6 (2014).

発表日: 2014/5/28
学会名: IEEE ICOPS
発表場所: Marriott Hotel, Washington D.C.
発表者: 小倉 佳太 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Spectrum and Number for Cathode Spot with Changing Current
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Keita Ogura, Shinji Yamamoto, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Spectrum and Number for Cathode Spot with Changing Current, 3P-39 (2014).

発表日: 2014/5/28
学会名: IEEE ICOPS
発表場所: Marriott Hotel, Washington D.C.
発表者: 鈴木 大智 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Electrical Field Affected by Current Decrement Ratio at Base Current at Base Current
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Daichi Suzuki, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Electrical Field Affected by Current Decrement Ratio at Base Current, 3P-40 (2014).

発表日: 2014/5/28
学会名: IEEE ICOPS
発表場所: Marriott Hotel, Washington D.C.
発表者: 曽根 和貴 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Heat Flux Affected by Current Increment Ratio in Pulsed Arc Mixed Oxygen
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Kazuki Sone, Yasunori Goto, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Heat Flux Affected by Current Increment Ratio in Pulsed Arc Mixed Oxygen, 3P-41 (2014).

発表日: 2014/5/28
学会名: IEEE ICOPS
発表場所: Marriott Hotel, Washington D.C.
発表者: 三堀 広紀君 (気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目: Temperature Difference Between Constant and Pulsed Arc Affected by Current Increment Ratio at Peak Current Near Anode
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Hironori Mitsubori, Yuki Saito, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Temperature Difference Between Constant and Pulsed Arc Affected by Current Increment Ratio at Peak Current Near Anode, 3P-42.

マスコミ関係

【日本テレビ 水10ドラマ 「ST 赤と白の捜査ファイル」科学監修】
気体エレクトロニクス研究室の岩尾徹准教授が、7月16日(水)22:00から放送される日本テレビ系列ドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」の制作に協力しました。岩尾准教授は、各話の科学的場面の監修を行いました。

 

2013年度

学会誌論文

【電気学会 電力・エネルギー論文誌 5月号掲載】
籾井平,岩尾徹,湯本雅恵,パルスアークにおける陽極への熱流束に及ぼす電流立ち上がり遷移時間の寄与,電気学会論文誌B,Vol.133, No.5, pp.409-416 (2013).

国際会議

発表日: 2014/3/8
学会名: The 21th Annual Meeting of IAPS 2014
発表場所: Hong Kong Polytechnic University
発表者:鈴木 大智 君 (気体エレクトロニクス研究室 B4)
論文題目: Arc Temperature Distribution Affected by Current Decrement
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Daichi Suzuki, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Arc Temperature Distribution Affected by Current Decrement, Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, Annual Meeting of IAPS, p.73 (2014).

発表日: 2014/3/8
学会名: The 21th Annual Meeting of IAPS 2014
発表場所: Hong Kong Polytechnic University
発表者:三堀 広紀 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Temperature Difference Affected by Current Increment Ratio at Peak Current in Pulsed Arc
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Horonori Mitsubori, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Temperature Difference Affected by Current Increment Ratio at Peak Current in Pulsed Arc, Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, Annual Meeting of IAPS, p.75 (2014).

発表日: 2014/3/8
学会名: The 21th Annual Meeting of IAPS 2014
発表場所: Hong Kong Polytechnic University
発表者:曽根 和貴 君 (気体エレクトロニクス研究室 B4)
論文題目: Increasing Penetration Depth in Welding Pool Affected by Current Increment Ratio in Pulsed TIG Arc Welding
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Kazuki Sone, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Increasing Penetration Depth in Welding Pool Affected by Current Increment Ratio in Pulsed TIG Arc Welding, Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, Annual Meeting of IAPS, p.74 (2014).

発表日: 2014/3/8
学会名: The 21th Annual Meeting of IAPS 2014
発表場所: Hong Kong Polytechnic University
発表者:小倉 佳太 君 (気体エレクトロニクス研究室 B4)
論文題目: Voltage and Spectrum at Oxide Layer Removal Process in Vacuum Arc Cathode Spot
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Keita Ogura, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Voltage and Spectrum at Oxide Layer Removal Process in Vaccum Arc Cathode Spot, Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, Annual Meeting of IAPS, p.76 (2014).

発表日: 2013/8/25~30
学会名: AEPSE2013 (The 9th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering)
発表場所: Jeju, Korea
発表者:高田 輝努 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Surface Modification of PTFE Using Nitrogen Ion Irradiation - Fail Mode on Impact on Improvement in Peel Strength
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Ricardo Takata, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Surface Modification of PTFE Using Nitrogen Ion Irradiation – Fail Mode on Impact on Improvement in Peel Strength, AEPSE2013,pp.2-14 (2013)

発表日: 2013/8/8
学会名: 21 st International Symposium on Plasma Chemistry (ISPC 21)
発表場所: Cairns Convention Center, Australia
発表者:山本 真司 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Moving Speed of Vacuum Arc Cathode Spot Mixed with Vapor from Oxide Layer and Metal Surface Affected by Oxide Layer Thickness
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Shinji Ymamoto,Toru Iwao,Motoshige Yumoto, Moving Speed of Vacuum Arc Cathode Spot Mixed with Vapor from Oxide Layer and Metal Surface Affected by Oxide Layer Thickness, ISPC21,476 (2013)

発表日: 2013/8/8
学会名: 21 st International Symposium on Plasma Chemistry (ISPC 21)
発表場所: Cairns Convention Center, Australia
発表者:後藤 康徳 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Distribution of Driving Force in Weld Pool Affected by Temperature near Anode in Pulsed Arc Welding with Iron Vapor
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Yasunori Goto,Toru Iwao,Motoshige Yumoto:「Distribution of Driving Force in Weld Pool Affected by Temperature near Anode in Pulsed Arc Welding with Iron Vapor」,ISPC21,296 (2013)

発表日: 2013/8/5
学会名: 21 st International Symposium on Plasma Chemistry(ISPC 21)
発表場所: Cairns Convention Center, Queensland, Australia
発表者:長坂 勇輔 君 (気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目: Contribution of roughness form rate on PTFE adhesion strength by nitrogen ion irradiation
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Yusuke Nagasaka, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Contribution of roughness form rate on PTFE adhesion strength by nitrogen ion irradiation, ISPC21,161 (2013)

発表日: 2013/8/8
学会名: 21 st International Symposium on Plasma Chemistry(ISPC 21)
発表場所: Cairns Convention Center, Queensland, Australia
発表者:李 強順 さん (気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目: Elucidation of improving adhesive strength of PTFE treated by using high E/n discharge
発表種別: ポスター発表(英語)
<文献引用形式>
Qiangshun Li, Toru Iwao, Motoshige Yumoto, Elucidation of improving adhesive strength of PTFE treated by using high E/n discharge, ISPC21,455 (2013)

発表日: 2013/6/25
学会名: 電気学会 放電・静止器・開閉保護合同研究会 英語セッション
発表場所: 沖縄産業支援センター
発表者:後藤 康徳 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目:Time Variation of Heat Transfer to Anode in Pulsed Arc Welding
発表種別: 口頭発表(英語)
<文献引用形式>
YasunoriGoto,Toru Iwao,Motoshige Yumoto, Time Variation of Heat Transfer to Anode in Pulsed Arc Welding, 電気学会研究会資料,ED-13-85,pp.101-104 (2013)

発表日: 2013/6/25
学会名: 電気学会 放電・静止器・開閉保護合同研究会 英語セッション
発表場所: 沖縄産業支援センター
発表者:山本 真司 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目:Split Frequency of Vacuum Arc Cathode Spot with Changing Current
発表種別: 口頭発表(英語)
<文献引用形式>
Shinji Ymamoto,Toru Iwao,Motoshige Yumoto, Split Frequency of Vacuum Arc Cathode Spot with Changing Current, 電気学会研究会資料,ED-13-84,pp.97-100 (2013)

研究会発表

発表日: 2014/3/19
学会名: 電気学会 全国大会
発表場所: 愛媛大学
発表者:鈴木 大智 (気体エレクトロニクス研究室B4)
論文題目:電流低下率が及ぼすベース電流時のジュール加熱とアーク温度
発表種別: 口頭発表(日本語)
<文献引用形式>
鈴木大智,岩尾徹,湯本雅恵:「電流低下率が及ぼすアークの温度分布とジュール加熱」,電気学会全国大会 講演論文集,p.513 (2014)

発表日: 2013/11/30
学会名: 放電学会年次大会
発表場所: 首都大学東京
発表者:鈴木 大智 (気体エレクトロニクス研究室 B4)
論文題目: 電流低下率が及ぼすアークの温度分布とジュール加熱
発表種別: 口頭発表(日本語)
<文献引用形式>
鈴木大智,岩尾徹,湯本雅恵:「電流低下率が及ぼすアークの温度分布とジュール加熱」,放電学会 年次大会 講演論文集,p.81 (2013)

発表日: 2013/8/28
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
発表者:山本 真司 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目:酸化膜厚さ変化時における真空アーク陰極点への酸化膜蒸気混入が及ぼす酸化膜除去過程の変化
発表種別: 口頭発表(日本語)
<文献引用形式>
山本真司,光安枝里子,岩尾徹,湯本雅恵:「酸化膜厚さ変化時における真空アーク陰極点への酸化膜蒸気混入が及ぼす酸化膜除去過程の変化」,電気学会 電力エネルギー部門大会 講演論文集,pp.27-32 (2013)

発表日: 2013/8/28
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
発表者:後藤 康徳 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目:パルスアーク溶接における陽極への入熱量と径方向駆動力に及ぼす電流増加率の寄与
発表種別: 口頭発表(日本語)
<文献引用形式>
後藤康徳,岩尾徹,湯本雅恵:「パルスアーク溶接における陽極への入熱量と径方向駆動力に及ぼす電流増加率の寄与」,電気学会電力・エネルギー部門大会論文集,pp.21-26 (2013)

発表日: 2013/8/27
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
発表者:山本 真司 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目:真空アークにおける酸化膜蒸気混入が及ぼす陰極点の移動軌跡の変化
発表種別: ポスター発表(日本語)
<文献引用形式>
岩尾徹,山本真司,湯本雅恵:「真空アークにおける酸化膜蒸気混入が及ぼす陰極点の移動軌跡の変化」,電気学会 電力エネルギー部門大会 講演論文集,pp.45-46 (2013)

発表日: 2013/8/27
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
発表者:籾井 平 君(気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目:金属蒸気混入アークにおける電流増加率が及ぼす電界の変化
発表種別: 口頭発表(日本語)
<文献引用形式>
籾井平,岩尾徹,湯本雅恵:「金属蒸気混入アークにおける電流増加率が及ぼす電界の変化」,電気学会 電力・エネルギー部門大会,pp.57-58 (2013)

発表日: 2013/8/27
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
発表者:光安 枝里子 さん(気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目:スカンジウム蒸気が混入した器壁安定化アルゴンアークの温度分布と放射パワー
発表種別: 口頭発表(日本語)
<文献引用形式>
光安枝里子,岩尾徹,湯本雅恵,スカンジウム蒸気が混入した器壁安定化アルゴンアークの温度分布と放射パワー,電気学会 電力・エネルギー部門大会,pp.49-50 (2013)

 

マスコミ関係

【フジテレビ 月9ドラマ 「ガリレオⅡ」科学監修】
気体エレクトロニクス研究室の岩尾徹准教授が、フジテレビ系列で4月15日(月)から放送される月9ドラマ「ガリレオ」の制作に協力しました。岩尾先生は、各話の台詞の作成やひらめきの式の考案など、科学的場面の監修を行いました。

【フジサンケイビジネスアイ 掲載】
3/18発売のフジサンケイビジネスアイの「大学発 次ぎのニッポン~日本を支える研究活動と技術開発~」に、気体エレクトロニクス研究室(湯本雅恵、岩尾徹准教授)の光安枝里子さんと籾井平君に関する「電気電子工学専攻の学生2名が電気学会優秀論文発表他を受賞」と題した記事が掲載されました。

【フジサンケイビジネスアイ 掲載
3/18発売のフジサンケイビジネスアイの「大学発 次ぎのニッポン~日本を支える研究活動と技術開発~」に、岩尾徹准教授の「真空アーク陰極点を用いた酸化膜付金属表面の超高速処理手法の開発」と題した研究紹介が掲載されました。

2012年度

学会誌論文

【Elsevier, Vacuum誌 2月号掲載】
Hiroyuki Taki, Toru Iwao, Motoshige Yumoto,Anode jet generation conditions affected by the radial current density distribution for maintaining current continuity, Vacuum, Vol.88, No.2, pp.42-46 (2013).  doi:10.1016/j.vacuum.2012.03.032

【電気学会 電力・エネルギー論文誌 1月号掲載】
光安枝里子,岩尾徹,湯本雅恵,スカンジウム蒸気混入が及ぼすアルゴンアークの演色性向上に向けたスペクトル制御,電気学会論文誌B,Vol.133, No.1, pp.129-136 (2013).

【電気学会 電力・エネルギー論文誌 1月号掲載】
廣瀬迪郎,岩尾徹,湯本雅恵,ガスタングステンアーク溶接における電流増加が及ぼす放射損失,電気学会論文誌B,Vol.133, No.1, pp.121-128 (2013).

【電気学会 電力エネルギー論文誌 8月号掲載】
下倉卓也,森佑介,岩尾徹,湯本 雅恵,鉄蒸気および放射分布に及ぼすパルスアークの電流周波数の寄与,電気学会論文誌B,Vol.132, No.8, pp.718-727 (2012).

【電気学会 電力・エネルギー論文誌 5月号掲載】
酒井覚,瀧寛之,岩尾徹,田代真一,田中学,湯本雅恵,ガスタングステンアーク溶接における電流密度および流速が及ぼす溶融池内の駆動力変化,電気学会論文誌B,Vol.132, No.5, pp.486-492 (2012).

国際会議

発表日: 11/17
学会名: IWHV & JK2012 The 8th International Workshop on High Voltage Engineering and Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering
発表場所: 金沢大学
発表者:籾井 平 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Heat Transfer to Anode Affected by Current Increment Ratio in Pulsed Arc Welding
発表種別: 口頭発表(英語)

発表日: 11/17
学会名: IWHV & JK2012 The 8th International Workshop on High Voltage Engineering and Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering
発表場所: 金沢大学
発表者:光安 枝里子 さん (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Improvement of Color Rendering Spectrum Affected by Scandium Vapor Mixed with High Temperature Argon Medium
発表種別: 口頭発表(英語)

発表日: 11/17
学会名: IWHV & JK2012 The 8th International Workshop on High Voltage Engineering and Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering
発表場所: 金沢大学
発表者:山本 真司 君
論文題目: Removal Process of Cathode Spot of Vacuum Arc with Vapor from Oxide Layer
発表種別: 口頭発表(英語)

発表日: 9/2~9/7
学会名: GD 2012(19th International Conference on Gas Discharges and Their Applications)
発表場所: Beijin(中国)
発表者:長島 功 君 (気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目: Decreases of suppliedelectron’s numberin nitrogen rich gas mixture
発表種別: 口頭発表(英語)

発表日: 9/2~9/7
学会名: ISDEIV 2012(XXVth International Symposium on Discharges and Electrical Insulation in Vacuum)
発表場所: Rubin Congress Center(ロシア)
発表者:藤田 翔 君 (気体エレクトロニクス研究室 M2)
論文題目: Dependence of Asperity Depth on Secondary Electron Emission Coefficient
発表種別: ポスター発表(英語)

発表日: 7/11
学会名: ICEE(International Conference of Electrical Engineering)
発表場所: 金沢 ANAクラウンプラザホテル
発表者: 籾井 平 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Contribution of Current Transition Time Affected by Heat transfer to Anode in Pulsed Arc  Welding
発表種別: ポスター発表(英語)

発表日: 7/10
学会名: ICEE(International Conference of Electrical Engineering)
発表場所: 金沢 ANAクラウンプラザホテル
発表者: 光安 枝里子 さん (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Improvement of Color Rendering Spectrum Affected by Metal Vapor Mixed with High Temperature Arc
発表種別: 口頭発表(英語)

発表日: 7/10
学会名: ICEE(International Conference of Electrical Engineering)
発表場所: 金沢 ANAクラウンプラザホテル
発表者: 廣瀬 迪生 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Radiation Loss of Gas Tungsten Arc Welding with Increasing Current
発表種別: 口頭発表(英語)

発表日: 6/26
学会名: 電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会 英語セッション
発表場所: 名古屋大学
発表者: 光安 枝里子 さん (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Contribution of Radiation Increment of SF6 Arc Affected by Electrode Tip Angle and Gas Flow Rate
発表種別: 口頭発表(英語)
受賞: 電気学会 静止器技術委員会 優秀奨励賞 受賞論文

発表日: 6/26
学会名: 電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会 英語セッション
発表場所: 名古屋大学
発表者: 籾井 平 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Conductance and Temperature Distribution of Arc with Decreasing Current
発表種別: 口頭発表(英語)

発表日: 6/26
学会名: 電気学会 放電・静止器・開閉保護 合同研究会 英語セッション
発表場所: 名古屋大学
発表者: 齋藤 勇樹 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: Temperature Change with Time near Anode in Pulsed Arc Affected by Current Increment Ratio
発表種別: 口頭発表(英語)

研究会発表

発表日: 2013/3/21
学会名: 電気学会 全国大会
発表場所: 名古屋大学 東山キャンパス
発表者: 李 強順 さん (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: 高E/n放電を用いたPTFEの接着力に及ぼす最大イオンエネルギーの影響
発表種別: 口頭発表(日本語)

発表日: 2013/3/21
学会名: 電気学会 全国大会
発表場所: 名古屋大学 東山キャンパス
発表者: 長坂 勇輔 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: 窒素イオン照射によるPTFEの接着力向上に寄与する凹凸の形態
発表種別: 口頭発表(日本語)

発表日: 2013/3/21
学会名: 電気学会 全国大会
発表場所: 名古屋大学 東山キャンパス
発表者: 石渡 泰隆 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: 高気圧窒素混合ガスの供給電子数の減少要因Ⅲ
発表種別: 口頭発表(日本語)

発表日: 2013/3/20
学会名: 電気学会 全国大会
発表場所: 名古屋大学 東山キャンパス
発表者: 籾井 平 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: 電流増加率が及ぼすアークの軸方向電界の変化
発表種別: 口頭発表(日本語)

発表日: 2013/3/20
学会名: 電気学会 全国大会
発表場所: 名古屋大学 東山キャンパス
発表者: 岩尾 徹 (気体エレクトロニクス研究室 教員)
論文題目: 真空アーク陰極点の酸化膜除去時におけるO Iスペクトルと面積除去速度
発表種別: 口頭発表(日本語)

発表日: 2012/12/1
学会名: 2012年 放電学会 年次大会
発表場所: 芝浦工業大学
発表者: 山本 真司 君 (気体エレクトロニクス研究室 B4)
論文題目: 蒸気混入が及ぼす真空アーク陰極点の移動軌跡の変化
発表種別: 口頭発表(日本語)
<文献引用形式>山本真司,岩尾徹,湯本雅恵:「蒸気混入が及ぼす真空アーク陰極点の移動軌跡の変化」,放電学会 年次大会 講演論文集,p.35 (2012)

発表日: 2012/12/1
学会名: 放電学会年次大会
発表場所: 芝浦工業大学 芝浦キャンパス
発表者:後藤 康徳 (気体エレクトロニクス研究室 B4)
論文題目: パルスアークの電流増加時における径方向電流密度分布
発表種別: 口頭発表(日本語)
<文献引用形式>
籾井平,岩尾徹,湯本雅恵:「パルスアークの電流増加時における径方向電流密度分布」,放電学会年次大会,p55 (2012)

発表日: 2012/9/20~21
学会名: 電気学会 部門大会 平成24年基礎・材料・共通部門大会
発表場所: 秋田大学 手形キャンパス
発表者: 長坂 勇輔 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: 窒素イオン照射を用いたPTFEの接着力向上-極性基と凹凸による接着力への寄与-
発表種別: ポスター発表(日本語)

発表日: 2012/9/14
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 北海道大学
発表者:  籾井平 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: パルスアークにおける陽極への入熱量と熱流束に及ぼす電流立ち上がり遷移時間の寄与
発表種別: 口頭発表(日本語)

発表日: 2012/9/14
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 北海道大学
発表者:  光安枝里子 さん (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: 金属蒸気混入が及ぼす高温アークの演色性向上とスペクトル制御
発表種別: 口頭発表(日本語)
受賞: 電気学会 優秀論文発表賞A賞 受賞論文

発表日: 2012/9/12
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 北海道大学
発表者:  福田裕基 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: シールドガス流量低下が及ぼすアーク径方向の電子密度低下
発表種別: ポスター発表(日本語)

発表日: 2012/9/12
学会名: 電気学会 電力・エネルギー部門大会
発表場所: 北海道大学
発表者:  齋藤勇樹 君 (気体エレクトロニクス研究室 M1)
論文題目: パルスアークにおける電流増加率が及ぼすアーク中心温度の時間変化
発表種別: ポスター発表(日本語)

マスコミ関係

【フジテレビ 月9ドラマ 「鍵のかかった部屋」科学監修】
気体エレクトロニクス研究室の岩尾徹准教授が、フジテレビ系列で4月23日(月)に放送された月9ドラマ「鍵のかかった部屋」の制作に協力しました。岩尾先生は、科学的場面の監修や実験協力を行いました。