• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ

研究室概要

研究室概要

研究内容

リニアモーターカーからマイクロマシンに至る、様々な電磁システムを研究
リニアモーターカーは、誰もが注目する未来の技術ですが、国内外での営業線の運行も始まり、今まさに現実のものとなりつつあります。これに使われている中核技術である、リニアモータ、磁気浮上、超電導が全て揃っている研究室がここです。リニアモータ・リニアアクチュエータ、磁気浮上の設計と制御、高温超電導の各種応用など、関連する多種多様なテーマを扱っています。加えて、半導体製造プロセスを応用した、ナノ・マイクロマシンの設計・製作にも取り組んでいます。

社会に役立つ研究

リニアモータ、磁気浮上の分野では誰もが知る研究グループ
当グループは知る人ぞ知る、リニアモータや磁気浮上の分野では有名な研究グループです。産業界との緊密な連携が必要な分野であるため、企業との共同研究もあり、モノ作りの最先端に触れる機会も数多くあります。また、モータドライブグループや、学内の関連分野の他の研究室との交流も活発に行っています。

研究室の特徴

綿密な指導で、学生の自由な発想を現実の世界に活かしていく
次世代につながる、新しい電磁駆動システムを提案することが、研究グループとしての大きな目標です。学生の自由な発想を、教員の指導を受けながら現実味のあるモノに発展させていくことが、この分野の研究の醍醐味であり、毎週の研究ミーティングを通して、中身の濃いディスカッションをしながら研究を進めます。教員の密な指導を受けつつ、自分で考える力を養い、社会に適応しつつきらりと光るエンジニアを育成します。

主な卒業研究テーマ

●環境負荷低減を目指したオールアルミモータの基礎研究
●各種リニア振動アクチュエータの開発
●誘導反発(EDS)式磁気浮上に関する研究
●超電導バルク応用機器に関する研究
●凸極同期モータの負荷試験装置の開発

●リニア誘導モータを用いたクレーンの駆動制御
●電磁石吸引制御(EMS)式磁気浮上に関する研究
●永久磁石反発型磁気浮上に関する研究
●マイクロ振動発電機の製作